ソーシャルゲーム業界備忘録

ソーシャルゲームの業界で成功している方をご紹介します。代表作として、大進撃!!ドラゴン騎士団や大争奪!!レジェンドカードなどのゲームを開発しています。

業界の風雲児

梶原吉広は、業界の風雲児と呼ばれているそうです。

それでは何故、梶原吉広はそのように呼ばれているのでしょうか。

梶原吉広が業界の風雲児と呼ばれている理由について紹介していきましょう。

まず、梶原吉広の出身は福岡になります。

そして、今では大手のソーシャルゲーム開発会社のグループスと呼ばれている会社の創業者となっております。

今では社長は別の人物に変わっていますが、梶原吉広はグループスの元社長となっています。

『SKYLOCK – 神々と運命の五つ子 -』と『欧州クラブチームサッカー BEST☆ELEVEN+』 楽天アプリ市場での配信を開始!|株式会社gloopsのプレスリリース

梶原吉広は専門学校を中退した後、広告代理店を始めましたが、広告代理店の中でも最初の年で2億5000万ほどの売り上げを上げたようですよ。

一番初めの年でここまで売り上げを上げるなんて凄いですよね。

ソーシャルゲーム業界で有名になっただけではなく、広告代理店としてもかなりのやり手だったのではないでしょうか。

その後、これらのお金を使い、ソーシャルゲームの開発を行いましたが、それらも人気となり続け、業界の風雲児と言われるようになったようですよ。

その後、グループスを上場させるのかと様々な人から注目を浴びていましたが、梶原吉広は、海外の企業に売却をしたようです。

そこでゲーム業界からはかなり驚かれたようですよ。

この際に海外の企業に売却をしたお金は、365億円だそうです。

こんな人物が梶原吉広ですが、確かに梶原吉広の経歴をこのようにして見ていると、梶原吉広が業界の風雲児と言われるような理由もわかるような気がしますね。


Categorised as: 人となり

Comments are disabled on this post


Comments are closed.